注目!癒し系ふんわり人妻

ビールが美味しい季節になってきました。
仕事帰りや夕方の一杯が、ついつい増えてしまいそうですね。
ビアガーデンやテラス席で、心地よい夜風を浴びながらの一杯は、たまりません。
そんな飲み会での定番の話題といえば、「どんな異性がタイプ?」。
聞いたり、聞かれたりしたことってありますよね。
実は最近、私の周りでこう答える男性が圧倒的に増えています。
「人妻が好き」。
そんな答えに同調する男性の多いこと、多いこと。
独身女性としたらがっかりかもしれません。
ですが、逆に言えば結婚してからは、人妻カテゴリでモテるってことですよね。
男性陣によると、人妻と一言で言っても、いろいろなタイプがあるそうで、好みは十人十色。
その中でも、注目の人妻像「癒し系ふんわり人妻」を紹介します。

「癒し系ふんわり人妻」は、お子様がもう中高生くらいで、子育てが一段落した女性に多いです。
子供をガミガミ叱る時期も過ぎ、結婚から十数年経っていることから、旦那様との大きな喧嘩も特になし。
家庭というものに慣れきっている感じですね。
旦那様やお子様を送り出した後は、お家でゆっくり。
お菓子を作ったり、お料理に凝ってみたり、一人の時間を満喫しています。
料理本を見ながら、晩ご飯を考えている姿なんて素敵ですよね。
パートに出ている人妻さんも多く、仕事場でも頼れる存在として明るいオーラを放っているタイプ。
パート先でも、憧れの奥さんであることは間違いありません。
家庭を第一に、自分のお小遣い分はそれなりに稼ぐというスタイルを確立していそうですね。

子供の部活関係やご近所付き合いもあるため、お洒落はそこそこしっかりしています。
女性誌を見て、流行からかけ離れないよう気を使っているんです。
テレビを見て、話題のファッションや注目のお店、人気スポットなどは把握。
会話してみると、話題が豊富で周囲を飽きさせない女性だと感じるはずです。
話し好きですが、決しておしゃべりでやかましいタイプではありません。
あくまでも、癒し系でふんわり、というところがポイントです。
話をしていても、優しく相づちを打ってくれるから、ついつい長話をしてしまいそうになります。
「そうなんだぁ」
「うん、うん、すごいね」
「知らなかった。続きが聞きたいな」
こんな風に笑顔でつぶやかれたら、どんどん前のめりになってしまいます。

外見は、こんな感じです。
ふんわりとした巻き髪がたっぷり背中で揺れます。
パサパサではなく、潤いをたたえた黒髪です。
近くに寄ってみると、ふんわり香るのはシャンプーでしょうか。
さりげないフルーティーな香りが胸をキュンとさせてくれます。
後ろ姿を見たら、「振り返って! 顔が見たい!」と思われる雰囲気ですね。
お出かけの時には、シンプルだけど綺麗目のイヤリングにネックレス。
耳元や胸元に、小さく揺れるアクセサリーがあるだけで、そそられます。
お洋服は、白いブラウスにロングスカートが似合うイメージです。
白いブラウスというと、ちょっぴりレトロな雰囲気もしますが、どんな時代でも定番の美しさを与えてくれるもの。
そのボタンを一つでも開けてみたいという衝動を押さえなくてはなりません。
しとやかにひらめくロングスカートは、清楚であり、人妻という貞淑さの表れであり、年相応の円熟味を感じさせますね。
そんな「癒し系ふんわり人妻」。
スーパーでお買い物している姿は、しっかりした母親だけど疲れた雰囲気は醸し出さない、女をあきらめていない意志のようなものが伝わってきます。

なぜ女をあきらめていない、なんて言うかというと、だいたいこういった40代女性って、セックスレスの方が多いんです。
だから、女の性という機能はほとんど使っていないけれど、対外的には女らしさを忘れません。
むしろ、性が満たされていないからこそ、女らしさの演出に力を入れているのかもしれません。
ちょっと寂しい気がしますが、女性扱いされない人ほど、自分の女らしさにこだわる方が多いのが現実です。

白いブラウスの下には、それなりに余分なお肉もたっぷりついて触り心地のいい豊満な胸とお腹。
ぷるるんと、たわわに熟れた体を閉じ込めています。
だからと言って、中年的なおデブさんではありません。
あくまで、綺麗なお母さん、奥さんであることが大事なんです。

ロングスカートで隠した足は、ストッキングできつく引き締めてはいるけど、本当はやわやわに柔らかい質感。
女性の多くは、大きなお尻をコンプレックスとしますが、そんなの正反対!
たっぷりとした肉付きのお尻に、思い切り顔を埋めたいっていう男性は、たくさんいます。
存在感のあるヒップから、太もものラインは、普段は隠して生活しています。

そんな豊かなボディを持て余しているのが、癒し系ふんわり人妻。
きっと、セックスレスにさえ文句も言わずに日々を堅実に過ごしているんでしょうね。
そういう真面目さが、男心をくすぐるのではありますが、女性っていうものは胸の中にいろいろな思いを抱えている生き物。
体がうずいてしまう夜だって少なくないのです。

このタイプの人妻をくどくには、「真面目になり過ぎないこと」「相手を尊重すること」が大切です。
ただでさえ真面目な彼女たちが、乱れたいと思ったからこそ、旦那様以外の異性と会うのですから、そこに真面目さはいりません。
あくまでもラフに、気軽に会える関係というものを心がけなくてはいけません。
「僕なんかと会ってていいの?」なんて聞くのは大間違い。
会いたいから会っているのですから。
いつも周りの人間に合わせて暮らしている癒し系の人妻たち。
会う時は彼女のことを尊重してあげてください。
ただ会話したいのか、ベッドに行きたいのか、エッチではSがいいのかMがいいのか……などなど。
この時ばかりはどうか、あなたのほうから、癒しの気分をあげてくださいね。
何倍、何十倍にもなって、癒される喜びがかえってくるはずです。